• 富士山の登山初心者で注意すべきこと

    富士山は世界遺産登録されたこともあり、以前より人気が高まってきています。日本人だけではなく海外からも多くの観光客が訪れています。



    日本人なら一度は富士山に登ってみたいと思うものです。しかしながら標高が約3700メートルもあり日本で一番高い山であることから油断はせずにきちんとした情報を手に入れて、装備も完全にしてから登ったほうがいいでしょう。もし事故などが起こってしまうとせっかくの楽しい登山も台無しです。とくに初心者は十分注意したほうがいいでしょう。
    そこで富士山の登山の初心者が注意すべきことを挙げていきます。第一に富士山の登山は頂上でのご来光を見るために、夜間に登るひとが多いですが初心者で夜間に登山をするのは避けたほうがいいでしょう。



    夜間は昼間より気温も下がるうえに、足元も見づらいです。


    さらに睡眠を削って登っているひとも多く、体力を消耗しやすいです。


    途中で力尽きて倒れてしまう人も多いようです。


    はじめてのひとはまずは昼間に登山したほうがいいでしょう。


    第二に初心者ほど登山の装備は完璧にすべきです。登山の装備はお金がかかるため少しずつそろえていこうと考えがちですが、はじめてのひとほど装備は完璧にし、できるだけ高機能のものを選んだほうがいいでしょう。

    第三に富士山の登山はきついし、同じような景色が続くため早く頂上を目指すあまりついついペースを上げがちですが、初心者であるほどゆっくりとしたペースで登ったほうがいいでしょう。

    人気のある大阪から沖縄に関する情報が満載です。

    慌てるといつの間にか体力を消耗して倒れこんでしまうケースも多いようです。