• 富士山初心者が注意すべき装備品

    誰もが知っている霊峰富士。標高は3776m。


    もっとも人気のポピュラーなルート、吉田ルートは5合目からの出発で標高はおよそ2500mとなっています。
    登山時間は登りが6時間、下りが3時間30分とかなりの長丁場になります。

    また真夏と言えども山頂の最高気温は9度、最低気温は3度ほどになります。しかしこの温度はあくまでも平均気温です。



    風や雨だと体感温度はグッと下がっていまいます。


    下がってしまった体温を山頂で取り戻すのは至難の業です。このように富士山は初心者にとって決して簡単な山ではありません。

    大阪でかにバスついてはこちらのサイトでご確認ください。

    しっかりとした準備をし挑戦できる山なのです。
    準備とは体力的な準備、計画の準備、そして装備品の準備、この三本柱の準備が必要不可欠です。それか一つ欠けただけで命取りになってしまうと言っても過言ではありません。


    装備品は最低限の用意しておかなければならない物として防寒防雨具、汗をかいたときの着替えは最優先で揃えるべきものです。

    登山では体温が下がることは命の危機に直結します。

    必ず用意しましょう。


    ヘッドライトとその予備電池、軍手、ファーストエイド、行動食、地図、時計も欠かすことはできません。たとえご来光を見なくても不測の事態のためにもヘッドライトと予備電池は必須です。

    岩場の多い富士山では軍手は必要です。



    また靴ずれや擦り傷など、小さな傷の痛みが行動に大きな影響を与えるのでファーストエイドは欠かせません。エネルギー補給の行動食やルートの確認のための地図、携帯に頼らない時間の把握の必須の時計も富士山を登るためには必須です。初心者だから装備品は万全にし、それを背負って活動できる体力をつけることが富士山に挑戦する大前提です。

    また何度も登っている人でもいつでも初心者という心構えで慎重に準備をしましょう。

  • 専門知識

    • 富士山は世界遺産登録されたこともあり、以前より人気が高まってきています。日本人だけではなく海外からも多くの観光客が訪れています。...

  • 納得の情報

    • 沖縄旅行に行きたいと思っているけれど、ゆっくり時間をとることができないので、1泊2日の旅行を考えているという方も少なくはないようです。せっかく旅行に行くならば短い行程であっても沖縄を満喫して帰りたいという方は、レンタカーを利用することをおすすめします沖縄は、バスや電車が少ないので、時間を有効に使うためには、レンタカーが便利です。...

  • 意外な事実

    • 沖縄は本島だけに限るとそこまで大きな県ではありますが、やはり1泊2日で楽しむとなると観光地のそれなりの取捨選択は不可欠です。沖縄を1泊2日で満喫するのなら、レンタカーは不可欠です。...

  • 娯楽をよく学ぶ

    • 関西発の富士山行きバスについて説明します。関西発の富士山行きのバスは非常に人気の高い高速バスエリアです。...